2リットルの発泡酒

サクラダがみたものと、その感想。ご意見、ご感想、ご指摘などございましたららお題箱 https://odaibako.net/u/zing_keng か Gmailアカウントomochi2koまでお願いします。

2019-03-25:トッパレ(A)

ちょっとしか関係ない枕

 

昨日(にあたる2019/3/24梅干しサワー)の今日(にあたる2019/3/25トッパレ)、軽くオーバードーズ気味でした。脳がよさを適切に処理できない。素敵な人たちがあんだけいるんだよ?何ギガあっても収まりきらないよさ。その全ての瞬間を適切に認識して、意味付けをして、味わおうとすると、だめだ、もう。どれだけのメモリがあったら間に合うんだ。

しかし、今日はやめとくわってならないよね。いくよね。みんな明日もう爆売れしちゃって遠くにいっちゃうかもしれないものね。あるいは新しい夢(ネギ専門の居酒屋運営とか)を見つけるかもしれないものね。へとへとでも行っちゃう。(それでも責任はあるからお仕事は頑張らざるをえない……資本主義……)

 

本題

 

トッパレ(A)@新宿バティオス

お客さまの投票でネタにランキングをつける。

上位三組には商品/賞金が出て、連覇をすると賞金は倍になっていくシステム。(彦一さんのとんちでそんなのあったよね。指数関数。)

 

■OPMC:モグライダー

オンバトのはなし

やっぱり話題はオンバトモグライダーは時期が悪くてオンバトにでるタイミングを逃した。出れそうかな?ってあたりで番組終了。

 

オンバト収録のとき、かが屋についてマセキの先輩がコメントするはなし

ツィンテル(あの名作「瀬戸の花嫁」とかの!ロケットライブとか出てた!)のせとさんと、元ハレルヤ(働きはじめてから思うけど、主任って絶妙なチョイスだったね)の大野さんからだったんだけど、お二人とも最近はお芝居中心に活動されてるそうで、あんまお笑いの感じにならなくて、カンカラ(こないだ「久しぶりに聞いたな」って思ったばかりなのに!)の方がコメントするも更になんかお笑いの感じではない感じになってしまって、まあなんか、そういうこともあるねってはなし。

 

・Gパンパンダ・星野さんおやすみのお知らせ

一平さん登場。はじめてのトッパレでドキドキワクワクしてた一平さんですが、星野さん体調不良で欠席。ネタはなしになり、一平さんがコーナーのみ参加に。(確定申告疲れかな。どうぞお大事に。)

 

・なぞっぺーのはなし

芸人さんたちのなかでも好評ななぞっぺー。(パスワードシリーズとかめっちゃ読んでたから、わたしもわくわくしてやってる)確定申告兼ネタ作り担当と謎作り担当のコンビ、Gパンパンダ。

ともしげさんは「ネタ、俺とやる?あれならできるよ、NHKの、こことここで連番になってる!ってやつ」とGパンモグラの可能性が示唆される。

 

■ネタ前半

 

・さすらいラビー:漫才「子役」

宇野さんの怯えかたと中田さんの圧倒的狂気。真に迫ってて面白い。面白いけど、「漫才だ、冗談だ」ってしってるから笑って見てられるんであって、あんなでかくてヤバいやつに絡まれてる半泣きのひと、町中で見かけたら警察呼ぶやつ。

 

・フランスピアノ:コント「万引き」

様々なモラルと中川さんの美しい左手による教育。フランスピアノ、かっちりしたコントの印象を(勝手に)抱いていたけれど、今日のネタはライブ感がめちゃくちゃ強かったし切り返しすべて面白かったし、びっくりした。

 

ナイチンゲールダンス:漫才「ダジャレ学園ドラマ」

今日はてぃんさんがとてもピカピカでよかった。このネタ自体かなり好きなんですが、何度かみた中でもてぃんさんのよさが、なんだろう、出色だったなって思う。

 

かが屋:コント「大人の階段」

タイトルはいつも勝手につけてるんですが、先日の速いビームの「親が来てたらしないネタ」のバリエーションです。(だからきっとこの日のバティオスにはかが屋のお二人の親御さんはいらっしゃらなかったのだと思う)

前は「お兄ちゃん、ちょっと来て」という感じだったんですが、今回のアレンジは「大人の階段」の方がしっくり来るかもなと思いました。

わたしはね、あの弟が「わざわざ赤ペンを買ってきてる」っていうのがめちゃくちゃバカで好きなんですよ。でも、壁にわざわざ貼りだすような奴だもんね。

 

ヤーレンズ:漫才「雑談」

あー、楢原さん適当にはなしてるなぁ、って感じに見えるのがわたしのヤーレンズの好きなところ。なので、タイトルをつけようとするとわたしの能力だと「雑談」とかになっちゃう。キラキラネームのくだりとか好きだった。あと政治家の名前を出されると、わたしは笑っちゃう。

 

マヂカルラブリー:漫才「運動神経が悪い」

この日のマヂカルラブリーは村上さんと村上さんのズッ友でしたね。

野田さんの動きを拝見できて、めちゃくちゃうれしかった。いずれ野田さんは舞踏とかコンタクトインプロビゼーションとかやればいいと思った。

最後のアハ体験みたいな時間が好きすぎて困った。

 

■中MC

・マヂラブ・野田さんの小指の怪我のはなし

最悪とれる、みたいな感じだったらしいけど、頼みこんだら最強医者がつけてくれたらしい。(よかったね……)

 

かが屋のネタについて

貼り付けられたらウケるんだな!オンバトは貼り付けられなかったもんな!といじられてた。(今回のは壁に色々貼ってるネタなんですよ。だから少しだけスタンバイにいつもより手間がかかるし、ちょっとだけ長く出囃子が聞けた)

 

・テクニカルチャンピオン

さすらいラビー・中田さんのギャグ(奇行)、テクニカルチャンピオンやそのバリエーションをたくさんみる時間。

ベーシックなのは小さいナイフと小さいトロフィーで行う。(あれだけの小さいトロフィーを小さいナイフで瞬時に彫刻できるので、我こそは技術的に長けているテクニカルチャンピオンであり、この技術の粋であるトロフィーを授かるにふさわしい人物は自分自身であるという示威行為、みたいな意味?)

 

■ネタ後半

 

ウエストランド:漫才「温泉旅館」

ハットリくんのゲームの下り、ちくわと鉄アレイの。お二人とも楽しそうだし、こっちもそういう懐かしい話楽しそうにされちゃうと笑っちゃうけど井口さんが「お前を楽しませるためにしてるんじゃないんだよ!」と本筋に戻される。いつか終わってしまう時間だからこそ尊い脱線。

 

・ねじ:コント「田舎者、東京にいく」

イベントの場所についての解説のところ、好きなんだよなぁ。

瀬下さんの格好、多分頑張って「モテる 清潔感 服装 男性」で検索した感じの服だよな。あのひと、鞄とか時計はどんなの使ってるんだろ。

 

オジンオズボーン:漫才?「平成最後の」

わたしは赤ちゃんなので、たくさん動くものと楽しい音を認識するとにっこにこしちゃう。しかし平成最後って、賞味期限の短いネタ。

しかし声の出方、やっぱ篠宮さんはすごい。

 

ジグザグジギー:コント「誘拐犯からの電話」

コンボ入った!っていう瞬間、いつもふひゃーって喜んじゃうし、コンボが繋がっていくのは本当に快感。宮沢さん側が黙々?淡々?とコンボを決めてくの。TAS動画見てるみたいな楽しさある。

 

ラブレターズ:コント「日本代表」

どっちもどっちだからあんまもめんなよ。もめてるくらいならせめて他の選手の応援とかしとけよ。ベンチであんなしょーもないことで騒ぐな、という感じのはなし。

ちぇ!のときの溜口さんのかわいらしさに許しそうになるけど、いやカッコ悪いからだめ。

 

ランジャタイ:漫才「国ちゃんは足が速い」

なんだろう、高熱のときにみる幻覚とか?夢とか?そういう類のやつ。気づいたらもう戻せないところまでバグってる。

めちゃくちゃ面白かったんですがことばに落としこもうとすると「あそこでアルフォートとは思わなかったので、びっくりしたし、すごく面白かったです」っていう感想にしかならないので、自身の能力不足を感じます。

 

ランジャタイは裏かぶりしてるライブ(キュウがキュレーターのしぶロフ寄席)にも出てるので、劇場をいったり来たりしてて漫才以外の時間は出演できず。フリーは大変だ。

 

■コーナー(集計待ち)

チームに分かれて、クジで決まったお題をクリアしないといけない。多分チームはだいたい芸歴で分けられてる。

 

Aチーム:「入学式の即興コントで90秒で3回笑いをとる」

構成員:NGD・なかるてぃんさん、Gパンパンダ・一平さん、かが屋・賀屋さん、フランスピアノ・山本さん、さすらいラビー・中田さん

「ばか高校入学式!」としてばかな振る舞いをする皆さん。なかるてぃんさん大活躍!おしくも笑いは2回。

 

Bチーム:「オリジナルなんでだろうで90秒で5回笑いをとる」

構成員:ウエストランド・井口さん、ヤーレンズ・楢原さん、ねじ・瀬下さん、ラブレターズ・溜口さん

開始の前から悪のりが過ぎる。井口さんがテツをする、と宣言。瀬下さんはトモ、溜口さんはチロ(ビッグスモールン)。楢原さんは「俺はゴンいや!」と固辞。

井口さんの「Mー1出れなくなった漫才師、ネタが荒れるのなんでだろう~」で1回ウケるも、あとはオリジナルのなんでだろうの解釈として新しい「なんでだろう」の歌詞ではなく、新しいスタイルの「なんでだろう」の追及に。最後の辺りはなんでだろう音頭を舞うみんな。なんでだろうリミックスなので笑いはカウントされず。

 

Cチーム:「先輩モノマネで60秒で1回今日一の爆笑をとる」

構成員:マヂカルラブリー・野田さん、モグライダー・ともしげさん、オジンオズボーン・篠宮さん、ジグザグジギー・宮沢さん

「俺が一発で決める!」という野田さん。「こいつがだめでも、俺が繋げる!」という篠宮さん。「そうしたら、私が渡します!」という宮沢さん。そしてともしげさんが困る。

先輩モノマネがイマイチだったので、泣きの一回でギャグしりとりで再チャレンジ。

しかし「ん」がつくギャグ連発で「そもそもしりとりが弱い」というね。

若手も!となり中田さんの「スーパーテクニカルチャンピオンだよ!」となかるてぃんさんの「よぼよぼティラノサウルス」の無限ループ、めちゃくちゃ面白かった。あのまま死ぬまで見てたかったな……。

 

結果としては

1.ランジャタイ

2.かが屋

3.ナイチンゲールダンス

三連覇のランジャタイに「タイムマシーン3号連れてこよう」「みんな強いネタやろう!かが屋スマホ傾けるやつ、ラブレターズは西岡中学校!」

 

■エンディング

3/30のENGEIグランドスラムかが屋

みんなわーってなってて、オンバトをいじってた井口さんも「ENGEIグランドスラム出るの?かが屋面白い!」と手のひら返しコント。

にちようチャップリン(ネタは先週だったけど)や西東さんもある日じゃないですか。

これはとてもありがたい。映像は身体の限界を超えて観測してくれるからね。技術ってすごいよね。

 

以上です。